Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sun495wft.blog104.fc2.com/tb.php/540-26e70553

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Windy Fantastic Talk .4

「落ち着いてきたかしら?」
 手元に出されたのは、特になんの変哲もない紅茶。鳴れた手つきで猫の姿を模した少女が急須を傾け、自分に差し出された湯のみに注いだ紅茶だ。

「ええ、紅茶までいただいて、助かります」
「それで…」
 改まった表情で幽斗を見る少女、彼女の名は”八雲 紫”、今までみた少女達とは一際違う風格は、名前にもある紫色のドレスや全てを見据えたような、澄んだ眼差しか。

「聞きたいことは、山ほどあるんじゃない?」
 こちらから聞きに入るまでもなく、紫はその状況に不適な笑みを浮かべて問う。幽斗は表情を変えることなく、自分の為の整理を行い始める。

「まず、ここはどこなんです?」
「ざっくりと言えば、貴方の想像を遥かに超えた異世界、この世界では全てが許容され、何もかもを受け入れる…我々はここを幻想郷と呼んでいるわ」
 ”幻想郷”この一言だけで、ファンタジーの香りを撒き散らし始めた。

「その、幻想郷は…私の知っている世界とは全く違う、別世界と考えていいのでしょうか」
 幽斗は続けて質問をする。

「比較的に、命は容易い扱いではあって、間違いはないわね」
「死ぬことに抵抗がない…?」
「死ぬと思ってないの、特に、力のある者は」
 力。とはどうやら、自分が遭遇した火の玉や、少女等が生まれ持ってから宿る潜在的パワーらしい。彼女自身にも力があり、いかなる空間においても、この幻想郷を監視する能力を持っている。

 恐らく、最強の能力で間違いはない。

「俺にも、能力はあるんでしょうか」
「あら、気になるの?」
 そこまで聞くと、気になってしまうのは人の性であろうか。

「でも残念ながら、私からは何とも答えられないわ」
 能力はその人の生まれ、生活、役職、体質や思想、外部的パワーなどが影響を与えるため、誰しもが光の刃物を飛ばせるとは限らないし、空間に穴を開けることもないようだ。

「貴方がこの世界から出る、それだけなら能力は必要ないわ」
「じゃあ俺は、どうやってこの世界から抜け出せるんでしょうか」
 紫はゆっくりと立ち上がると、桐箪笥の中から分厚い、新聞を取り出して広げて見せた。

「紅白の巫女に会いなさい」
 その新聞に載っているのは、紛れもなく巫女の姿であった。黒く整った髪、頭頂部の大きなリボン、巫女の装束着はしっかりと彼女が巫女であることを表していた。

 それ以前に。

「この世界は、小さな女の子しかいないんでしょうか…」
「貴方と年相応の女性もきちんといるわよ?」
「あぁ、いや、そうじゃなくって」
 ふふっとイタズラに笑う紫、しっかり辻褄を合わせれば、少女ばかりしかいないと言うのは、ちゃんちゃら可笑しな話か。

「なぜ火の玉や、墓地にいた女の子は俺を襲ったんでしょうか」
「あれらの役目は、侵入者を拒むために配置された従者」
「なるほど」
 それに属さないタイプもいることが判った。イタズラ好きの妖精、好戦的な妖怪、酔狂な考えの持ち主、争いの火種は絶えずある。

「でもこの世界は絶望しない、巫女の存在がある限り」
 この一言で、この世界の巫女がどれほど重要で、大きな役割をしているかが伺えたが、紫は溜め息を一つ吐くと。

「彼女は生粋の、きまぐれ屋さんだけどね」


 まずはマヨヒガを目指すことを勧められ、生い茂る木々の間にできた、京明かりの美しい石道を進む幽斗。転々と進むものを見つめるような灯篭が、時代を感じさせる景色だ。

 八雲 紫、彼女は能力の制限を告げ、自分を見送る手筈を設けてくれた。本来なら屋敷の生活を管理する従者がいたようだが、たまたまに留守だったようで、丸っこい握り飯を三つ、持たせてくれた。

 小さな猫姿の少女、”橙(ちぇん)”が作ったであろう持たせ物だ、彼女の口元にはご飯粒がついていたからだ。

「幻想郷、ねぇ…」
 まだ全てを受け入れたワケではないが、此処に来る前にそんな情報も、アトラクションも、施設も聞いたことが皆無。日本語も通じるし、タチの悪いドッキリとは到底思えない。

 もし、あの光る刃物に当たっていたら。幽斗はボーっと、そんなことを考えていたが、それよりも今後の身の振り方のほうが重要かと、思ったそのときだ。

 肩から手の甲にかけてザワつく違和感、彼は咄嗟に後ろを振り向いた。

「あれ…」
 さっきまで見えていた八雲の屋敷は霞がかかってしまい、完全に見えなくなってしまったのだ。気づいて正面だったほうを見ると、その景色は段々と姿を変えていくではないか。

 これだ。この通常では考えられない、非常識で自分の理解を済し崩してくる怪奇現象がある故に、幻想郷と言う存在も認知せざるを得ない。

 幽斗は一歩ずつ、進んでいたであろう方向へと、歩みを進めていく。願わくば、もう襲われることはないと思い。

 そうして変化する情景は、次第に民家のようなものを映し、徐々に鮮明に、そしてそれが目指すべきであった場所、マヨヒガであることを示すのであった。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://sun495wft.blog104.fc2.com/tb.php/540-26e70553

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

ーたんうかすせくあ


超どうでもいいヤツについて

sun

Author:sun
※ちなみに左が私です。
(絵:ちり紙さん 様)

性別:太陽
属性:情報専門学生
相棒:G'zOne t-X
好物:午後の紅茶MT
流行:艦隊これくしょん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。